診療科・部門

整形外科

総合せき損センター整形外科は、整形外科領域の多くの運動器疾患のなかでも脊椎・脊髄外科領域を専門としており、頚椎から仙椎までの全の背骨とそれにかかわる神経を治療対象としています。開院以来の脊椎・脊髄疾患の手術は16000例以上で、最近の年間手術症例は脊椎・ 脊髄のみで750例以上を行っています。なかでも中心となる疾患は脊髄損傷で、急性期の手術・全身管理からリハビリテーション、慢性期にはリハビリテーションに加えて、自宅・社会復帰、復学などへの協力を一貫して行っています。治療においては整形外科医をはじめ、泌尿器医・内科医・麻酔科医・看護師・理学療法士・作業療法士の医療スタッフ及びケースワーカーが共同で行っています。また、退院後の自宅改造や福祉機器導入のお手伝いを医用工学研究室がおこなっています。

外傷以外の脊椎疾患では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、脊椎症性脊髄症などの変性疾患、脊椎の腫瘍・感染、脊柱変性などにともなう腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎分離症および分離すべり症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症脊髄腫瘍(硬膜内腫瘍、硬膜外腫瘍、髄内腫瘍、馬尾腫瘍)、脊椎腫瘍、 脊柱管内腫瘍類似病変、脊髄空洞症、特発性側弯症、脊椎先天奇形、成人変性側弯症および後弯症、感染性脊椎炎、脊椎カリエス、リウマチによる脊椎病変、骨粗鬆性脊椎骨折による神経障害および脊柱変形、脊椎病変等の手術も積極的におこなっております。

整形外科医は14名が在籍し、常勤医は全て整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会会員です。7名の日本脊椎脊髄病学会指導医がおり、高度な脊椎・脊髄外科を修練しています。また国内外からの短期・長期の留学生、日本脊椎脊髄病学会のクリニカルフェローも受け入れております。

担当医

  • 院長代理 前田 健
    院長 前田 健
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    脊椎脊髄外科指導医
    日本脊髄障害医学会理事
    九州大学整形外科臨床教授
  • 副院長 河野 修
    副院長 河野 修
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    脊椎脊髄外科指導医
  • 第二整形外科部長 坂井 宏旭
    整形外科部長 坂井 宏旭
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    日本整形外科学会認定リウマチ医
    日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
    日本整形外科学会認定スポーツ医
    麻酔科標榜医
    脊椎脊髄外科指導医
    日本骨粗鬆症学会認定医
  • 第三整形外科部長 益田 宗彰
    第二整形外科部長 益田 宗彰
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    脊椎脊髄外科指導医
    麻酔科標榜医
  • 第四整形外科部長 森下 雄一郎
    第三整形外科部長 森下 雄一郎
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    脊椎脊髄外科指導医
  • 第五整形外科部長/リハビリテーション科部長 林 哲生
    第四整形外科部長/リハビリテーション科部長 林 哲生
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    麻酔科標榜医
    脊椎脊髄外科指導医
    日本リハビリテーション医学会専門医
    日本骨粗鬆症学会認定医
  • 整形外科副部長/リハビリテーション科副部長 久保田 健介
    整形外科副部長/リハビリテーション科副部長 久保田 健介
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    脊椎脊髄外科指導医
  • 整形外科副部長 小早川 和
    整形外科副部長 小早川 和
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 整形外科副部長 横田 和也
    整形外科副部長 横田 和也
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 整形外科医師 村田 宗平
    整形外科医師 村田 宗平
  • 整形外科医師 大迫 浩平
    整形外科医師 大迫 浩平
    日本整形外科学会専門医
  • 整形外科医師 入江 桃
    整形外科医師 入江 桃
  • 整形外科医師 山口 雄大
    整形外科医師 山口 雄大
  • 整形外科医師 但馬 祐季
    整形外科医師 但馬 祐季

外来診察医師担当表

整形外科
(再診のみ予約制)
診察室番号
11 交代制 交代制 益田
12 森下 横田 森下 交代制 交代制
13 小早川 金山 久保田 小早川 久保田
15 坂井 河野 金山 坂井 河野
16 前田 交代制 益田 前田 横田

2020年4月1日より

当科で治療している代表的な変性疾患や脊柱変形

腰椎の疾患
 腰椎椎間板ヘルニア
 腰部脊柱管狭窄症
 (腰椎変性すべり症・分離すべり症)

頚椎の疾患
 頚椎椎間板ヘルニア
 頚椎症性脊髄症 頚椎症性神経根症 頚椎症性筋萎縮症
 頚椎後縦帯骨化症

骨粗鬆症性椎体骨折

脊柱変形
 脊柱側弯症 (特発性側弯症 症候性側弯症)
 成人脊柱変形 (脊椎後側弯症)

腰椎の疾患

腰椎椎間板ヘルニア

図1 腰椎椎間板ヘルニアのMRI像
図1 腰椎椎間板ヘルニアのMRI像 背骨と背骨の間には、クッションの役割を持つ椎間板が存在します。腰の背骨(腰椎)の椎間板が後方に飛び出したものを腰椎椎間板ヘルニアといい、腰痛を伴う事があります。腰椎椎間板ヘルニアが神経を物理的に圧迫すると下肢の痛みを感じ、立ったり座ったり姿勢によって痛みが強くなり、日常生活に支障を来たすようになります(図1)。さらに、神経の圧迫の程度が強い場合には足に力が入りにくくなって転んだり膝折れしたり、排尿の障害が出る可能性があります。

腰部脊柱管狭窄症・腰椎変性すべり症・腰椎分離すべり症

腰椎部分の靭帯が肥厚したり、骨・椎間板などが変形・変性したり、腰椎がすべり症によって前後方向にずれることにより脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなり、神経を物理的に圧迫することで下肢の痺れや痛みが生じます(図2)。
腰部の靭帯の肥厚や骨・椎間板の変性は、加齢に伴うものと考えられています。腰部脊柱管狭窄症の下肢痛の特徴は、歩行中に下肢痛やしびれが悪化して歩けなくなり、座位や前かがみでは症状が軽くなってまた歩けるようになる 間欠性跛行です。また、自転車の運転では症状が出現しにくいことなども特徴として挙げられます。
また腰椎変性すべり症や腰椎分離すべり症では、脊椎不安定性をきたし、腰痛を引き起こすことがあります(図3)。

図2 腰部脊柱管狭窄症のMRI像

図2 腰部脊柱管狭窄症のMRI像

図3 不安定性のある腰椎変性すべり症のレントゲン像

図3 不安定性のある腰椎変性すべり症のレントゲン像
総合せき損センターでの治療

下肢の痺れや痛みが比較的軽ければ、まず消炎鎮痛薬の内服などの治療を開始します。症状が改善しない場合や症状が悪化する場合、日常生活に著しい障害がある場合などには手術療法を検討します。また、下肢の筋力低下や膀胱直腸障害(自分で尿が出せない、失禁など)が生じている場合は早期の手術が望ましい場合もあります。手術療法は基本的に、肥厚した骨や靭帯を切除し、脊柱管(神経の通り道)を広げる手術をまず考慮します。そうすることで下肢症状の改善を期待します(図4)。
椎間板ヘルニアによる圧迫が主な原因の場合は、ヘルニア摘出術を行います。ヘルニアの状態に応じて内視鏡による摘出術(MED)や顕微鏡下のヘルニア摘出術などが選択されます(図5)
また下肢症状を引き起こす原因に、脊椎不安定性が強く関与している場合、金属製の固定具を使用した脊椎固定術を併用する事も可能です(図6)。脊椎の不安定性がなくても、ヘルニアの場所によって背骨の関節を切除する必要があり、結果的に不安定性が生じる場合や、背骨の手術後の再手術の場合で固定手術が必要になる場合があります。
総合せき損センターでは3D移動型術中イメージングシステム(O-arm)を使用することにより固定具設置の精度を向上させ、手術の安全性の向上に努めています。


図4 除圧術による狭窄の改善
図4 除圧術による狭窄の改善

図5 椎間板ヘルニアに対する内視鏡的ヘルニア摘出術(MED)
図5 椎間板ヘルニアに対する内視鏡的ヘルニア摘出術(MED)

図6 腰椎変性すべり症に対する腰椎後方椎体間固定術
図6 腰椎変性すべり症に対する腰椎後方椎体間固定術

頸椎の疾患

頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、 頚椎症性神経根症、頚椎症性筋萎縮症、頚椎後縦靭帯骨化症

頸椎という首の背骨や椎間板等が変形・変性し、脊髄や神経根が圧迫される事によって、手足の痛みやしびれが出現し、動きが悪くなることのある病気です。頚椎の椎間板が大きく飛び出せば頚椎椎間板ヘルニア(図1)、頚椎の後縦靭帯と呼ばれる膜が骨のように変化すれば頚椎後縦靭帯骨化症、頚椎の骨や椎間板や靭帯が複合的に変形すれば頚椎症といいます。
頸部の神経がこれらの病気によって圧迫・障害される事で、① 神経根症 ② 筋萎縮症、③脊髄症の症状が出てきます。 ① 神経根症の場合は、手・腕に痛みやしびれが出現します。激痛で夜眠れない方もおられます。頚椎を動かすと手・腕の症状が強くなることが特徴です。
② 筋萎縮症の場合は、手・腕の筋力低下と筋肉の萎縮(細くなる)が起こります。肩を挙げにくくなる近位型と、指を動かしにくくなる遠位型があります。
③ 脊髄症の場合は、『ボタンかけがしづらくなる』、『お箸で上手に食べ物を掴めなかったり食べ物を落としたりする』、『字をきれいに書けなくなる』等、主に手を使った器用な動作が困難になります。さらに足の症状として、歩行中に『脚がもつれて転倒しそうになる』、『階段等で手すりを持たなければならなくなる』ようになります。また、手足のしびれも出てきます。比較的若い方は、かけ足をしにくくなるなどの軽度の症状を自覚できますが、高齢者では早期には発症に気づく事が難しい場合があり、症状が進行すると支え無しには歩く事が出来なくなります。「年のせい」にして気付かれないこともあり、注意が必要です。
手足の症状や筋力・反射などの診察所見と、レントゲンでの頚椎の変化やMRIでの脊髄の圧迫等の検査所見を総合的に判断して診断します。


図1 頚椎椎間板ヘルニアのMRI像
図1 頚椎椎間板ヘルニアのMRI像

総合せき損センターでの治療:

 軽微な手足のしびれや首の痛みに対しては鎮痛薬の内服等で症状の経過を見ますが、激しい上肢の痛みや長期間の上肢の痛み、手を動かしにくい、歩行しづらいなどの日常生活に支障をきたす症状が出た場合は手術を考慮します。重症化した頸椎症性脊髄症の患者さんでは、しばしば治療に時間がかかります。当院では怪我で脊髄を損傷した重症の患者さんのリハビリテーションの実績があり、重症な頸椎症性脊髄症に対しても積極的に治療を行います。
頚椎と脊髄・神経の状態を詳細に検討し、頚椎の後方から圧迫を取り除く頚椎椎弓形成術(図2)や頚椎椎間孔拡大術、そして頚椎の前方から圧迫を取り除き固定する頚椎前方除圧固定術(図3)等の手術で治療します。
 背骨が前後方向にずれるすべりを伴う場合や、高度な脊髄の圧迫を伴う場合には金属製の背骨の固定具を使用した手術が必要になる場合があります。
 総合せき損センターでは、3D移動型術中イメージングシステム (O-arm)を使用して固定具設置の精度を向上させ、手術の安全性の向上に努めています。


図2 頚椎症性脊髄症の手術前後のMRI像
図2 頚椎症性脊髄症の手術前後のMRI像
図3 頚椎椎間板ヘルニアに対する頚椎前方除圧固定術
図3 頚椎椎間板ヘルニアに対する頚椎前方除圧固定術

骨粗鬆症性椎体骨折

高齢の女性に多い骨折で、原因としては軽微な転倒で起こることもありますが、知らず知らずのうちに骨折を起こし「いつのまにか骨折」と言われたりします。骨粗鬆症の程度によっては、数か所骨折することもあります。骨がつながらないこと(偽関節や遷延癒合と呼びます)がしばしば有ります。

総合せき損センターでの治療:
まずは安静とコルセットを用いた保存治療を行います。骨粗鬆症薬による他の部位の骨折の予防も重要です。
痛みが続き、骨のつながりが悪い場合や、下肢麻痺などの神経症状が出てくる場合は、手術が望ましい場合もあります。手術では、骨セメントを用いる場合(Balloon Kyphoplasty:BKP)(図)や金属製のスクリューで固定する場合があります。


図 骨セメント(BKP)を用いた椎体形成術
図 骨セメント(BKP)を用いた椎体形成術

脊柱変形

脊椎は、頚椎、胸椎、腰椎、仙椎により構成され、頭蓋骨と骨盤・下肢をつないでいます。通常、脊椎は正面から見るとほぼ一直線になっています。一方、脊椎を横から見ると、頚椎は前弯(前方凸の弯曲)、胸椎は後弯(後方凸の弯曲)、腰椎は前弯のカーブを描き、脊椎全体でバランスをとっています。
脊柱変形とは、このような脊椎の生理的なバランスが何らかの原因により崩れた状態を指します。学校検診で見つかる思春期特発性側弯症の子供さん、腰曲がり(脊柱後弯症)のご老人などが脊柱変形の患者さんになります。

脊柱側弯症(特発性側弯症 症候性側弯症)

脊柱側弯症は、脊椎が左右に曲がっている状態(側弯)で、前方から見てCobb角(コブ角:右下図)が10度以上のものを指します。側弯症は椎体の回旋(ねじれ)や椎体の楔状化などを伴わない非構築性側弯症とこれらを伴う構築性側弯症に大別されます。
非構築性側弯症は、ヒステリーや神経痛や腰痛、脚長差などが原因で起こるもので、自己矯正や原因の除去で消失します。
構築性側弯症の中で最も頻度が高いのは特発性側弯症です。特発性とは「原因不明」と同義であり、残念ながら大多数の側弯症の原因が分かっていません。特発性側弯症の発生頻度は、装具治療の対象となる20~30度以上の側弯症で0.3~0.5%、手術を検討する必要が出てくる40度以上の側弯で0.1%以下と言われています。


側弯症は一般的に若年ほど進行しやすく、骨の成長が止まると急激な進行は起こりません。そこで、年齢(骨の成熟度)、側弯の程度、進行の速度などにより治療法が選択されます。例えば、10~12歳の側弯症は、Cobb角30度以上では90%、コブ角60度以上では100%の確率で進行すると言われています。
ある程度進行した側弯を放置し重度の側弯症(80度以上)に移行してしまうと、呼吸機能障害(運動時の息切れ)や腰痛・背部痛の出現頻度が増加し、容姿の問題や精神的問題も生じてしまいます。


図1 脊柱側弯症の外観とレントゲン像
図1 脊柱側弯症の外観とレントゲン像
治療

側弯症治療の目的は、これらの問題をできるだけ生じさせないように、側弯の進行を予防することです。治療内容は側弯の程度や年齢(骨の成熟度)によって、3つの方法が選択されます。

① 定期的な診察
軽度の側弯症(Cobb角が25度以下)では、3~12ヶ月毎にレントゲン写真を撮影して側弯の進行具合をチェックします。側弯の進行状況に合わせて、負担を伴う装具療法や手術療法を行う必要があるか判断します。

② 装具療法
骨成熟前(14~15歳以下)でCobb角が25度以上の場合に、側弯の進行予防を目的に行う治療です。装具には様々な形態があり、側弯の形状にあわせたものを選択します。装具の装着時間は長いほど側弯の進行予防効果があることが分かっており、入浴や体育を除き一日中着用します。装具治療中は数ヶ月毎にレントゲンを撮影し、側弯の進行具合を確認します。Cobb角が40度以上になると手術療法を検討します。


図2 側弯症装具の例
図2 側弯症装具の例

③ 手術療法
手術の目的は、脊椎の変形を可及的に矯正した状態で固定し、呼吸機能障害や腰背部痛、容姿や精神的問題などが顕在化してくる重度の側弯への進行を予防することです。一般的にはCobb角が40度以上の側弯が対象になりますが、年齢(骨の成長度)等も加味して、手術の必要性を判断します。
手術が望ましい症例では、いたずらに手術時期を遅らせると変形が進行し手術の範囲が長くなってしまう場合もあり、適切な時期に手術を行うことが望ましいと考えられます。
尚、骨の成長終了後(18~20歳以上)もCobb角が40度を超えた側弯症は年間0.5~1度程度進行するといわれており、手術を行うことが望ましい場合があります。


図3 特発性思春期側弯症に対する後方矯正固定術
図3 特発性思春期側弯症に対する後方矯正固定術

成人脊柱変形(脊椎後弯症など)

脊椎後弯症は、いわゆる「腰曲がり」で脊椎の後弯(後方凸の弯曲)が極端に大きくなった状態です。後弯を来す疾患には椎体骨折やパーキンソン病、強直性脊椎炎の他、様々な原因があります。軽度の後弯では大きな問題が生じませんが、過度の後弯になると、強い腰痛や代償性の大腿部易疲労感や疼痛が出現し、脊柱管狭窄症を合併して下肢の神経障害を生じる場合もあります。また、腹部が圧迫され胃食道逆流症による摂食障害を起こすこともあります。
脊椎後弯症を含めた、成人脊柱変形に関する保存療法としては、ギプス治療を含めた装具療法、運動療法、理学療法、カイロプラクティックなどがこれまで行われてきましたが、十分な治療効果が確認されたものは存在しません。そのため、「腰曲がり」は「年寄り病」と老化現象の一つとして片づけられ、付き合っていくべきものと考えられてきました。しかし、高齢化に伴い、全身的には健康であるものの、脊柱変形のために日常生活に支障をきたしている患者さんへの治療ニーズが高まってきました。過去10年の脊椎固定材料や手術手技の目覚ましい進歩に伴い、成人脊柱変形患者さんへの手術治療成績も著しく改善がみられています。しかしながら、成人脊柱変形患者さんは様々な全身合併症を有していることが多く、手術には様々なリスクが伴うため、当院では十分な説明を行った上で手術を行っています。


図4 成人脊柱変形に対する胸腰仙椎矯正固定術
図4 成人脊柱変形に対する胸腰仙椎矯正固定術

当センターでの先進的な取り組み

当センターでは、特発性側弯症や成人脊柱変形の手術は、O-armナビゲーションシステムを用いて行っております。本システムにより、正確なスクリュー挿入が可能となり、安全で矯正効果の高い手術が可能となりました。
O-armは米国Medtronic社の最先端の手術支援装置です。中本博雄氏(福岡市の会社経営者)から多額なご寄付をいただき、令和元年5月に導入することができました(詳細はこちら)。中本氏のご厚意により、最先端の治療を多くの患者さんにお届けできることをうれしく思います。

O-armナビゲーションシステム

尚、脊柱変形の手術では、スクリュー挿入や変形を矯正する際に、脊髄神経に影響が及び麻痺を生じるリスクがあります。当院では、手術中に随時、頭蓋骨から脳を刺激し、四肢の筋肉への神経伝達が問題なくできていることを確認しながら手術を行っています。担当する検査技師3名は、いずれも臨床神経生理学会の術中脳脊髄モニタリング認定技術師であり、十分な知識と経験を有しています。同一施設で複数の有資格者が在籍する施設の中では当院が最多となっており、より安全な手術を目指しております(令和2年4月1日現在)。脊柱変形手術の経験が豊富な医師、看護師、検査技師、放射線技師が協力し、最先端医療機器を用いながら、安全で正確な手術を心がけています。
また、これまで十分な治療がなされてこなかった成人脊柱変形の保存的治療に関しても、先進的な取り組みを行っています。福岡県から平成29年より研究助成をいただき、株式会社有薗製作所、九州大学とともに、3Dデジタル技術を応用した3Dプリンタコルセットを開発してまいりました。高度の脊柱変形のため、既存のコルセットでは装着が困難だった患者さんに装着感の高いコルセットを作成し、日常生活レベルを向上させることに成功しています。
脊柱変形治療は医療技術の発達により、過去10年で目覚ましい進歩を遂げています。当院も脊椎脊髄の専門病院として保存療法から手術療法まで先進的な取り組みを行っておりますので、脊柱変形でお困りの患者さんは是非ご相談ください。

ページの先頭へ