診療科・部門

看護部 看護部継続教育

教育理念

看護の専門職業人として自己教育力と研究心を高め、主体的・継続的に患者さん中心の看護が実践できる看護師の育成をめざします。

目標

  1. 専門職として必要な知識・技術の向上に努め、根拠に基づいた看護実践能力を養います。
  2. 看護専門職として自己啓発できる人材の育成を行います。
  3. 優れた看護職を育成するための能力開発を支援します。
  4. 幅広い社会性を身につけ、豊かな人間性を養います。

教育体制

【クリニカルラダー(臨床実践能力習得段階)】

◆新人看護師

  <到達目標>職場適応ができ、組織人・専門職業人としての自覚をもつ。

4月 オリエンテーション
医療安全・感染対策
5月 フォローアップ研修(1ヶ月)
輸液ポンプ等医療機器研修
7月 看護夏期セミナーに参加
フォローアップ研修(3ヶ月)
9月 夜勤開始
多重課題
10月 フォローアップ研修(6ヶ月)
1月 フォローアップ研修(9ヶ月)
救急蘇生
3月 フォローアップ研修(1年)

◆クリニカルラダーT

  <到達目標>基本的な日常業務・看護実践が自立する。

<主な研修内容>
救急蘇生(BLS)
看護倫理
目指す看護と固定チームナーシング

◆クリニカルラダーU

  <到達目標>自立して看護実践ができ、所属部署の目標達成のための活動を実践する。

<主な研修内容>
看護過程
リーダーシップ
看護研究

◆クリニカルラダーV

  <到達目標>自立して看護実践ができ、所属部署の目標達成のための活動を実践する。

<主な研修内容>
SWOT分析
感染対策(KYT)
看護事例発表

◆クリニカルラダーW

  <到達目標>看護実践において、教育指導ができ広範囲な組織的役割が遂行する。

<主な研修内容>
看護倫理研修オブザーバー
事例分析
看護研究発表

【役割研修】

◆プリセプター研修

プリセプター振り返り研修
(4月・6月・10月・1月・3月)

【スキルアップ】

◆脊損看護認定コース

<初級コース名> <上級コース>
 (1)肺合併症予防コース(6回)  (1)肺合併症予防コース
 (2)感染管理コース(4回)  
 (3)褥瘡ケアコース(6回) <フォローアップコース>
 (4)病態知識習得コース(5回)  (1)褥瘡ケアコース(2回)
 (5)リハビリ看護コース(5回)  (2)感染管理コース(2回)
 (6)排泄管理コース(4回)  
 (7)退院支援コース(5回)  

◆院外研修

○看護協会

  専門看護師教育課程・認定看護師教育課程・看護実習指導者養成研修

○労働者健康安全機構本部研修        ○各種学会・研修・セミナー
 

◆支援制度

○専門看護師・認定看護師育成支援
  資格修得助成金
  資格維持助成金

○研究支援制度
  看護研究発表助成金

○学会・研修会参加支援
  各種学会参加(出張)
  各種研修参加(出張)

携帯版 総合せき損センター

http://www.sekisonh.johas.go.jp/m/
携帯電話からもアクセスできます。

ページの先頭へ