診療科・部門

看護部 看護部の理念

看護部長あいさつ

当院は脊髄損傷患者さんの急性期から社会復帰まで、看護師・医師他それぞれの医療スタッフが専門性を発揮して自立支援を行っております。
看護部では、「患者さんにやさしく信頼される看護を目指します」の理念のもと、脊髄損傷の専門病院の看護師としての役割を果たすため、専門性を高め、質の高い看護実践に努めております。
そして、職員が明るく元気で働きやすい職場環境作り、個人のキャリア開発を重視した継続教育にも力を入れて取り組んでおります。
「受診してよかった、入院してよかった」と思っていただける看護実践を目指し、さらなる努力をしていきたいと思っています。

看護部長 永田 ちえみ

看護部理念

患者さんにやさしく信頼される看護を目指します。

基本方針

  1. 患者さんの人権を尊重した心のこもった看護の提供に努めます。
  2. 看護実践能力の向上に努め安全で良質な看護を提供します。
  3. 脊髄損傷の専門病院として「せき損看護」の普及に努めます。
  4. 豊かな人間性と自己教育力を高めます。

看護宣言

看護部の理念・基本方針に基づいて、行動指針として「看護宣言」の実践に努めます。

  1. 笑顔で挨拶します。
  2. 「私や私の家族が受けたい看護」を目指します。
  3. 専門職として自己研鑽します。

携帯版 総合せき損センター

http://www.sekisonh.johas.go.jp/m/
携帯電話からもアクセスできます。

ページの先頭へ