診療科・部門

整形外科
開院以来の脊椎・脊髄疾患の手術は16000例以上で、急性期の手術・全身管理からリハビリテーション、社会復帰への協力まで一貫して行っています。
泌尿器科
日本泌尿器科学会によって泌尿器科専門医教育施設と認定されています。一般疾患はもちろん、特に神経の障害による排尿機能、性機能の障害を専門に診断、治療します。
医療相談室
患者さんの相談、在宅における健康管理、日常生活援助に関する相談やセカンドオピニオンの希望者の相談など、幅広い窓口として活動しています。
中央リハビリテーション部
理学療法と作業療法で構成されています。障害をひとつの個性として認め、急性期から社会復帰までの科学的根拠に基づいたリハビリテーションを行います。
看護部
私達看護部は、急性期から回復期にかけて患者様のADL(日常生活動作)向上に対応できるより専門性の高い看護を目指しております。
中央放射線部
高度の専門治療に対応できるよう、最新の設備とシステムを備えています。安全で正確な撮影のため、専門スタッフのチーム医療が効果をあげています。
中央検査部
検査科では、生化学、血液、輸血、生理検査等、脊髄疾患専門施設の特殊性を生かして、専門のスタッフによる安心で正確な検査を行っています。
医用工学研究室
早期社会復帰の支援や日常生活環境の改善を、生活に必要な福祉用具の研究開発や生活環境調査などの工学的側面から支援する部門です。
薬剤部
安全で最適な薬物治療と服薬指導を提供しています。薬剤管理指導業務や薬物血中濃度モニタリングを通して良質な薬物療法に努めています。
栄養管理室
管理栄養士が病室へ伺い、症状や検査値を基に個別対応での食事提供や、栄養サポートチームによる食事指導や栄養状態の改善を行っています。
医療安全対策室
医療安全対策委員会、リスクマネジメント委員会、感染対策委員会等、各委員会と連携をとりながら、患者さん、職員ともに安全・安心な医療の実現に努めています。

携帯版 総合せき損センター

http://www.sekisonh.johas.go.jp/m/
携帯電話からもアクセスできます。

ページの先頭へ