診療科・部門

医用工学研究室

事故や疾病等により身体機能を喪失したり、身体能力が低下したりしても、適切な道具や環境の整備によって、それらを補完したり、代償したりすることが可能になります。
このような技術支援により、日常生活だけでなく、職業生活、学校生活、余暇活動などにおいても、さまざまな不便さを低減させることができると同時に、より充実した生活を楽しむこともできます。
医用工学研究室では、道具や環境の整備などの工学的技術支援における人間要素、機器要素、環境要素の調査や研究・開発を行うと同時に、機器導入の相談・住宅改修プランの提案などの支援も行っております。


コンテンツ一覧

携帯版 総合せき損センター

http://www.sekisonh.johas.go.jp/m/
携帯電話からもアクセスできます。

ページの先頭へ