診療科・部門

薬剤部

薬剤部では、患者さんが最適な薬物療法を受けられるよう、調剤業務、注射業務、薬剤管理指導業務、製剤業務、治験など様々な業務に取り組んでいます。

また、チーム医療にも積極的に参画し、お薬を通して患者さんと深くかかわっています。私たちの業務が患者さん方の一日も早い回復と社会復帰に役立つことを願いつつ、日々努力しています。

調剤業務

医師の処方箋に基づき、お薬の用法・用量、飲み合わせ(相互作用)、禁忌等のチェックを行い、内服薬・外用薬の調剤を行っています。また、お薬手帳等を利用し、他院で服用しているお薬との飲み合わせなどもきめ細かく確認しています。必要に応じて、お薬を服用しやすくし、飲み忘れ防止にも役立つよう、一回分ずつに小分けした一包化包装や錠剤が服用困難な方のために、錠剤の粉砕など、患者さん個々に合わせた処方提案も行っています。さらに、患者さんにお渡しするお薬の品質、有効性及び安全性の確保にも努めています。

注射業務

医師の処方箋に基づき、お薬の用法・用量、配合変化、点滴速度等のチェックを行い、患者さん個人ごとに取りそろえ、トレーにセットしています。抗MRSA薬等は、血液中の薬物濃度の測定結果を基に、患者さんひとりひとりの状態にあった投与量・投与方法について医師に提案し、お薬の適正使用に努めています。

薬剤管理指導業務

患者さんが正しく、安全に安心してお薬を服用していただけるようにお薬の薬効、用法・用量、副作用、注意点等を説明しています。また、入院患者さんひとりひとりの持参薬をすべて鑑別しています。鑑別した情報を医師、看護師、その他医療スタッフと共有することにより、相互作用、副作用回避等に役立てています。

製剤業務

患者さんにとって必要なお薬で、市販されていないお薬を院内製剤として調整しています。また、経口摂取出来ない患者さんのために高カロリー輸液の調整も行っています。

チーム医療への参画

ICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)等の様々なスタッフから構成されるチーム医療に参画し、くすりの専門家として患者さんの治療を積極的に支援しています。

治験

待ち望まれる新しい薬に関わる臨床試験をサポートしています。

携帯版 総合せき損センター

http://www.sekisonh.johas.go.jp/m/
携帯電話からもアクセスできます。

ページの先頭へ