来院される方へ

入院される方

入院のご案内

詳しくはこちらをご覧ください。

総合せき損センター 入院のご案内
PDFファイル

Get Adobe Reader

入院患者さん及びご家族の方へ

総合せき損センターは、脊髄脊椎疾患患者を対象とした専門病院です。中でも脊髄損傷患者に対して、救命救急の初期治療から社会復帰まで一貫して治療するシステムをとっています。早期リハビリテーションを基本としており、入院当日から手術後も翌日から積極的にリハビリテーションを行っています。
患者さんの社会復帰に向け職員一同全力で適切な医療を行い、安心で快適な入院生活および自立への支援をさせていただきます。

患者さんと医療従事者との協力関係(パートナーシップ)について

私たち総合せき損センターの職員は、患者さんと医療従事者とのより良いパートナーシップを築き上げることが大切だと考えております。医療への積極的な参加とご協力をお願いいたします。

  1. 人まちがいを防ぐために、「お名前を教えていただけますか。」または、「安全のために、お名前を確認いたしますので、お名前を教えていただけますか。」と医療行為ごとにお尋ねしますのでご協力をお願いいたします。
  2. 分からない時や不信な時には、遠慮なく質問をして、疑問を解消していただきますようお願いいたします。主治医、担当医だけでなく、回診医、看護師にも何でもご質問ください。
  3. 人及び薬剤のまちがいを防ぐために、静脈内点滴の輸液ボトルのお名前をご確認お願いいたします。
  4. アレルギー歴と妊娠については積極的に医師・看護師にお伝えいただきますようお願いいたします。
  5. 患者さまだけに病状説明したり、病状説明するご家族をご希望の方に限定したりすることもできますので、その際は主治医にお申し出ください。
  6. 「入院のご案内」をお読みになって、安心・安全な入院生活の一助にしていただくようお願いいたします。

入院までの手続き

入院日が決まり次第、病院から電話で連絡をします。 入院当日は、以下のものを準備し、書類に記入の上、総合受付(午前10時〜10時30 分)におこしください。 入院手続き終了後、午前10 時30 分頃より入院棟へご案内します。 事前に検査室で血液と尿の検査を行います。
※入院予定日、又は入院前日に発熱や下痢・嘔吐の症状のある場合は、病院に連絡をお願いします。

  1. 保険証・医療受給者証

    総合受付にて確認後、お返しします。入院中はご自身で保管ください。
    ※限度額適用認定書等の減額認定書をお持ちの方は必ずご提示ください。
    ※入院中に保険証が変わったときは、総合受付にお申し出ください。

  2. 診察券
    総合受付にて確認後、お返しします。入院中はご自身で保管ください。
  3. 入院誓約書兼保証書
    裏面の記載上の注意事項をご参照の上、必ずご記入ください。
  4. 退院証明書
    他の病院から転院された場合はご提出ください。
  5. 患者基礎情報用紙
    外来の入院予約のときに必要と言われた方は忘れずにご持参ください。
  6. 入院のご案内(こちらからダウンロードしてください。

  7. 現在飲んでいる薬のみをお持ちください。
    また、「お薬手帳」「お薬の説明書」などがある場合は、必ず一緒にお持ちください。
    ※検査入院の方は、一週間分の薬のみお持ちください。
    ※入院中睡眠薬は、病棟管理となっています。
  8. 職業歴等調査票
    職業と疾病との関連を調査する統計資料として、勤労者医療の質の向上に活かしております。
    (個人情報は、厳重に保護されています。)
  9. 患者基礎情報用紙
    入院までの生活や症状について記載をお願いします。
  10. 転倒・転落防止のための説明書

※3・8・9の書類は予め記入の上、入院時にご持参ください。
※入院の変更や取り消しをされる方は、お手数でも病院の医事課入院係(0948-24-7500内線3123・3124)までご連絡ください。

入院のご案内

詳しくはこちらをご覧ください。

総合せき損センター 入院のご案内
PDFファイル

Get Adobe Reader

携帯版 総合せき損センター

http://www.sekisonh.johas.go.jp/m/
携帯電話からもアクセスできます。

ページの先頭へ