当院のご案内

院長代理あいさつ

総合せき損センターは、昭和54年に本邦で初めての脊髄損傷専門施設として飯塚の地に開設されました。母体は全国32の労災病院を運営する独立行政法人労働者健康安全機構です。当時は脊損医療や脊損に対する社会支援が極めて未熟な時代であったため、先進的な施設、制度を持つ欧米との格差を憂えた九州大学整形外科第3代教授の故天児民和先生の提言が発端となり、脊髄損傷に対する急性期から社会復帰まで一貫した専門治療を提供するモデル病院として誕生しました。以来、各職種が連携しながら良質で高度な脊損医療を提供するのみならず、患者さんの社会復帰支援、臨床・基礎研究、脊損医療の普及・教育などに力を入れてまいりました。80%を越える高い社会復帰率を維持できているのは、ひとえにこれまで培ってきた当センターにおけるチーム医療の賜だと自負しております。平成31年には開設40周年を迎えますが、急患脊損入院患者数は2600名を越え、今や本邦随一の脊損専門施設として国内外から高く評価されております。
特記すべきこととして、当センターでは外傷以外の脊椎脊髄疾患(椎間板ヘルニア、脊髄症、脊柱管狭窄症などの変性疾患、側弯症などの脊柱変形、脊椎脊髄腫瘍など)治療においても本邦有数の手術実績を誇っております。8名の脊椎脊髄病指導医、リハビリテーション科専門医を擁しており、年間700例以上の脊椎脊髄手術を行っております。術後は、充実したリハビリテーション施設とスタッフを生かして、患者の満足度を充分に考慮したリハビリテーションが行われているのも当センターの特徴の一つといえるでしょう。
また、泌尿器科指導医のもと、脊髄外傷や脊椎変性疾患に合併する神経因性膀胱の専門治療を行っており、この分野でも国内外の高い評価を得ております。一般泌尿器科疾患(前立腺肥大、過活動膀胱、膀胱炎など)に対しても積極的に診療を行っておりますが、平成29年からは女性泌尿器科外来を開設し、地域の医療ニーズに答えるべく努力をしております。
患者満足度調査では国内で有数の高い満足度を達成していますが、「受診してよかったと思われる病院でありたい」の理念のもと更なる努力を積み重ねて参りたいと思っております。

平成30年4月 院長代理 前田 健

携帯版 総合せき損センター

http://www.sekisonh.johas.go.jp/m/
携帯電話からもアクセスできます。

ページの先頭へ